取材掲載履歴

satosousai.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2007年 03月 30日

取材掲載履歴 2007.3

a0096867_12284777.jpg
Q.葬式や氏で参列者が焼香をするが、香を火にくべる回数が1回だったり3回だったり、人によってまちまちだ。一体、何回行なうのが正しいのか?

A,「焼香の回数は3回が正式」と思っている人も多いが、全葬連葬祭事業協同組合連合会専務理事の勝見暘一氏によると、「実は宗派ごとに違う」という。
香を火にくべる前につまんで顔の前に持ち上げるしぐさを”いただく”という。ところが浄土真宗の多くは”いただかない”のが正式。なんとも複雑だ。葬祭業者であり、「葬儀・法要・会葬者のためのあいさつ・マナー」(池田書店)という本監修者・佐藤信顕氏が解説する。
「香をいただかないのは、念を込まなくても阿弥陀様を頼れば救われるという”絶対他力”の考え的に基づいています。さらに言えば、曹洞宗は焼香を2回行なうが、1回目を主香(しゅこう)、2回目を従香(じゅこう)と呼び、メーンである主香のときだけ香をいただき、2回目はいただかないのが正式です」
しかし、焼香現場で迷ってしまう。そこで佐藤氏に、現代の焼香のマナーについてあどばいすしてもらった。
「基本的には3回。参列者が多い場合は1回。香をいただくかどうかは、参列者の習慣次第でOK」
ちなみに、焼香に使う香は、沈香・栴檀・白檀といった香木を刻んでブランドしたもので、”抹香”と呼ばれる。
「白檀は香りが強く煙も多いため、通常の抹香には1割程度しか入れません。テレビや写真で見る有名人の告別式がやたらと煙っているのは、高価な白檀を大量に使っているからです」(佐藤氏)
道理で、カネ持ちの葬式ほど煙たがられるわけだ!?
[PR]

by satosousai | 2007-03-30 12:29
2007年 03月 25日

2006・5 取材掲載履歴

a0096867_14261725.jpg5/29
岩波新書 斎藤美奈子 「冠婚葬祭のひみつ」に資料提供
153p、159p、165pに掲載
[PR]

by satosousai | 2007-03-25 14:36
2007年 03月 25日

2006・3 取材掲載履歴

a0096867_14242124.jpg3/26 東京新聞に掲載されました 
 

一部転載
■葬儀の個人化進む

 一般的な仏式の葬儀を見直す動きはこの十数年来、盛んだ。家族葬、樹木葬、音楽葬…新しいスタイルも次々と登場している。葬儀の個人化、簡素化が進んでいる、ともいえる。

 背景には、▽葬儀費用が不明朗▽宗教色をなくしたい▽義理で来てもらうのでなく親しい人に送ってほしい▽自分らしい葬儀をしたい-といった思いがある。

 加えて、高齢社会の現実問題として、葬式に人が集まらなくなっているという事情がある。例えば、八十歳にもなると、同年代の知人は少ない。子供に呼び寄せられて都会に住んだり、老人ホームなどに入れば地域とも疎遠になるし、仕事関係者で訪れる人もほとんどいなくなる。

 小谷さんは「会葬者が百人という葬儀は、今では減っている。多いのは二、三十人規模で、実質的な密葬。会葬者が減れば、見栄(みえ)で華美な葬儀をする必要がなくなる」と、直葬や家族葬が増える状況を説明する。

 そうした小さな葬儀を受ける葬儀社も増えている。

 東京都世田谷区の佐藤葬祭は五年ほど前から火葬のみのプランを提案し、直葬を積極的に受け付ける。「医療や介護にお金がかかり、従来型の葬儀を挙げるお金が残っていない人が多い。子供に迷惑をかけたくないという人たちに対応したかった」と佐藤信顕社長。今では同社の葬儀の約三割を占める。


a0096867_1555557.jpg
[PR]

by satosousai | 2007-03-25 14:24
2007年 03月 25日

2005・11 取材掲載履歴

a0096867_14213780.jpg11/2 週刊文春に掲載されました
P52、「葬儀ビジネス」価格破壊にに掲載
[PR]

by satosousai | 2007-03-25 14:22
2007年 03月 25日

2005・6 TV取材履歴

6/18 テレビ東京 ワールドビジネスサテライトWBSにて放映

/18 TV放映されました
ワールドビジネスサテライト
a0096867_14145578.jpg


回線が速い人用 win wmu形式 http://www.sato1976.com/satotv.wmv

回線が遅い人用 win wmu形式 http://www.sato1976.com/sato-tvs.wmv
[PR]

by satosousai | 2007-03-25 14:18
2007年 03月 25日

2004・3 取材掲載履歴

a0096867_14113856.jpgJNEWSさんに 取材を受けました
メイディア JNEWS http://www.jnews.com/i
掲載ページ http://www.jnews.com/domestic/2004/901.html
事例:佐藤葬祭 他
written in 2004/3/16

ホームページで“集客”をする葬儀業者

 国内の葬儀社数は5千社以上あるといわれている。この内、互助会を運営している業者が約3百社、農協が1千社で、残りは従業員数名規模の零細業者が大多数を占めている。地域に密着した小さな葬儀業者では、地元の寺院からの紹介や縁故関係を中心にして顧客を獲得するのが一般的。「わたしの祖父はあなた(業者)の父親に葬儀をしてもらったよ」といった、何十年という長期間で顧客との関係をつなぎながら営んでいくのが、葬儀業が他業種と異なる点だろう。

そこでは料金の高い安いよりも、業者と利用者の間の「信頼」がなにより重みを持つ。これが今までの在り方でもあったわけだが、世代交代が進む今、営業を継続できなくなる事態を迎える葬儀業者も少なくない。

東京の世田谷区で祖父の時代から三代続いて葬儀業を営んでいる佐藤葬祭は、その典型だった。同社代表の佐藤信顕氏(27歳)は、病気がちだった父親に代わって、まだ大学在学中に稼業の葬儀社を継いだ。もともと16歳の頃から葬儀見積もりにも携わってきた佐藤氏としては、若くして継ぐことをなかば覚悟していたという。

■佐藤葬祭

佐藤葬祭には、祖父の代から地元で積み重ねてきた信頼と実績がある。しかし4年ほど前に、これといった理由もなくパッタリと仕事が絶えるという事態を迎えた。そこで佐藤氏がとったのは、できるだけコストをかけない宣伝営業戦略としての異業種交流会への参加とインターネットの活用だった。

佐藤氏は2000年の11月に初めて、自ら制作した佐藤葬祭のホームページを開設した。現在のホームページ上には、一般的な葬儀プランから最もシンプルな火葬プラン、


散骨といった新しいスタイルのプランなどさまざまなメニューが紹介されている。多様なプランの他に、他社の互助会を解約して佐藤葬祭を利用したいという顧客にはその解約手数料を負担するというサービスまで備えていることが特徴的だ。

佐藤葬祭が提供する各種プランはすべて詳細に内訳が明示され、オプション、割引項目などの選択肢も設定されている。たとえば、もっともシンプルな低価格の火葬プランであっても、さらに割引項目を利用した最小構成での実施が可能だ。また、最小の火葬と散骨を加えた新しいスタイルの葬儀プランも用意していて、顧客の選択肢の幅の広さは画期的とさえいえるほどだ。

《佐藤葬祭が提供している葬儀プラン例》※金額は税込


火葬プラン「夢見」民間斎場版(火葬のみ)/280,350円
さらに不要な項目を除いた最小プラン「夢見プランミニマム」は189,300円
シンプルプラン(火葬+散骨)/224,300円
無宗教自宅密葬プラン「夢影」(自宅での別れ、翌日火葬)/371,700円
オーダーメイドプラン「旅立ち」(火葬のみ)/340,800円
一般葬儀「普通セット」/2,004,923円

低価格路線をうたい文句にして積極展開している専門葬儀社といえども、ここまで仔細にプランを明らかにしている例は珍しい。ところがホームページ開設の最初から、このような詳細情報を公開しようという考えがあったわけではないと佐藤氏は語る。

顧客全体の約8割をネットから受注

開設当時はホームページの運営をしている葬儀社が大手を除けばほとんどなかったこともあってか、サイトを通じてメールで相談してくるユーザーが日増しに増えていったという。そして佐藤氏自身がユーザーからのさまざまな相談に応えている内に、要望を元にして今の各プランが練り上げられていったのだ。佐藤葬祭が現在提供している各種プランは、ユーザーと佐藤氏の協同による成果ともいえる。

その結果現在は、顧客全体の約8割をホームページからの事前相談で「受注」している。いまは佐藤氏本人を含んだ二人体制で月10件の葬儀を担当しているが、それまでは平均して月2件だったという。対象エリアとしては、世田谷区以外にも東京23区全域をカバー、さらには川崎市にまで顧客が広がった。父親の代では想像もつかなかった広がりだ。ちなみに事前相談とは、身内の高齢者など、おおよそ葬儀の見込みが立っている場合がほとんど。

また、葬儀に関する相談メールは今も毎日全国から寄せられている。時期によって相談内容は異なり、先月(2月)は四十九日のお布施の値段に関する相談が多かったとの談。佐藤葬祭の実質的営業媒体となっているホームページのコンテンツも、そういった相談者らとのメール対話を通して充実していったという経緯だ。

検索して佐藤葬祭に辿り着くユーザーの多くが、シンプル葬儀への関心が高いこともあってか、火葬プランの需要が多いという。葬儀に対する考え方が確実に変化してきていることの証拠といえる。「お客様が葬儀に対してさまざまな要望を持ち始めてきたことと、それをメディアが牽引していることが影響して、さらに葬儀を見直す人が増えてきているのでは」と佐藤氏はみている。

もちろん、ただ単にホームページを開設して相談に乗ったことが、佐藤葬祭を忙しくさせることになった要因ではない。佐藤葬祭の考え方は、お客様の予算でどこまでできるか、予算ではこれはできないからこうしよう、ということで様々な選択肢を提案している。佐藤氏の主軸は「“(お客様の予算内で)できる範囲でできること(内容)をやりましょう”ということ」だ。これが顧客の琴線に触れたとみる。
[PR]

by satosousai | 2007-03-25 14:12
2007年 03月 25日

2003・12 取材掲載履歴

a0096867_1482143.jpg
サイゾー03.12月号で取材を受けました
a0096867_1471987.jpg

[PR]

by satosousai | 2007-03-25 14:08
2007年 03月 25日

2003・5 取材掲載履歴

a0096867_13582915.jpg
「この値段で買うな」ムックに
03年5月掲載されました
a0096867_1358644.gif

[PR]

by satosousai | 2007-03-25 14:00
2007年 03月 25日

2003・8 取材掲載履歴

a0096867_13555620.jpg
鎌倉新書「仏事」に葬儀社新世紀として
03年八月号に掲載されました
a0096867_13561813.jpg

[PR]

by satosousai | 2007-03-25 13:56